不動産投資の種類

不動産投資の種類

不動産投資と言っても、様々な種類があります。

■マンション経営

マンションを一室単位で経営すものです。これは、投資金額が他のものと比べて小さくてすみます。

また、管理も管理会社にほとんど任せることができるので、それほど手間がかからないため、初心者にもっともオススメの不動産投資で、ワンルームタイプのマンションの部屋が良いでしょう。

■アパート経営

一棟アパートの経営を行うものです。これは、すでにある土地であれば話は別ですが、マンション経営とは違い、ほとんどが「土地と建物」の購入になるため投資金額が大きく、また、管理も建物の修繕や設備の定期点検などコストと手間がかかります。

しかし、マンション経営と異なり、複数の部屋があるため空室リスクを分散することができることから、家賃収入がゼロになるという可能性は少ないのが大きなメリットで、中上級者向けといえます。

■戸建て経営

一戸建ての経営を行うもので、アパート経営と同様に「土地と建物」の購入することになるため、マンション経営に比べて投資金額が大きくなります。

ただ、アパート経営と同様、マンション経営とは違って土地の割合が大きいので、相続税対策としての効果は高いものがあります。

 

サイトマップ